大人だからこそやるべき?歯科矯正の種類・費用を公開

遅くない?大人の歯科矯正の種類や費用を徹底リサーチ

どんな種類があるの?

やっぱりスタンダードな方法が一番?

大人になってから歯科矯正する場合、どの方法が良いのか迷った事はありませんか?スタンダードなワイヤー強制は歯の表面にブラケットと呼ばれる装置をつけて、ワイヤーを動かす事で歯を正しい場所に動かします。

表面矯正がポピュラーですが、ワイヤーを見せたくない場合は裏側に装着する方法もあります。
この手法は様々な歯並びに対応出来るので、乱杭歯や受け口・出っ歯で悩む方にも安心です。

但しワイヤーが見える、または装着した始めの内は痛みが生じるケースもあります。
硬い食べ物やねばりのある食べ物は、矯正装置が外れてしまうので治療期間中は摂取出来ないのもネックとなります。
費用は30~100万円ほどで、期間は2~3年程度掛かります。

着脱可能だからストレス無し!

近年話題になっているのがマウスピース矯正です。
ワイヤー矯正の様に装着後は歯科医師でないと取り外せないという事は無く、自由に着脱出来るのが強みです。
オーダーメイドの透明なマウスピースを1日20時間ほど装着しているだけで歯を正しい位置に動かしてくれます。

周囲の人に全く気付かれないだけでは無く、痛みも少ないのは魅力的です。
特殊な樹脂を使っているので金属アレルギーの方も安心です。

マウスピース矯正は歯並びによっては治療不可なケースもあります。
基本的に軽度の場合に限るので必ずしもマウスピース矯正が出来る分けではありません。費用は80~150万円でワイヤー矯正よりもやや高額です。
期間は2~3年ほどですが歯並びの状態によって前後します。


この記事をシェアする