大人だからこそやるべき?歯科矯正の種類・費用を公開

遅くない?大人の歯科矯正の種類や費用を徹底リサーチ

歯科矯正はいつから始まったの?

歯科矯正に対する考えの違い

日本は海外に比べて歯科矯正治療を受ける方は少なく、且つ考え方が遅れているといわれています。

日本人は顎・顔が小さく、歯並びが悪くなりやすい人種であり特に現代人はどんどん顔が小さくなっています。中には親知らずが生えてこない方もいる様で、その点も歯科矯正治療を受けない理由の一つになります。歯科矯正治療は保険適用外なので、受けるのを躊躇してしまう方もいるでしょう。

日本では八重歯(正式には乱杭歯)はチャームポイントであり、キュートなイメージがあります。しかし欧米ではドラキュラをイメージさせる事で良くないといわれています。また歯にお金をかけるのがステータスなので、歯科矯正治療を受けていない=貧困であると思う方もいます。

メリット・デメリット

多くの方が受けている歯科矯正治療ですが、メリット・デメリットを理解しておかなければ意味がありません。

歯科矯正のメリットはやはり審美的なものが大きいです。
別の項目でも説明しましたが、日本人は顔・顎が小さく永久歯が全て生えるスペースが無くは並びが悪くなってしまうケースが多いです。
その為、受け口や出っ歯になり、Eラインが崩れてしまいます。

歯並びのせいで口が閉じにくく、口腔内が乾燥しトラブルが発生しやすくなります。
もちろん歯磨きもしにくいので、虫歯や口臭の原因にもなるでしょう。
歯科矯正装置を装着した直後は違和感や痛み、また歯磨きがしにくいデメリットも存在します。
人によっては歯肉退縮・骨性癒着のリスクもゼロではありません。


この記事をシェアする