大人だからこそやるべき?歯科矯正の種類・費用を公開

遅くない?大人の歯科矯正の種類や費用を徹底リサーチ

歯科矯正はいつから始まったの?

近年子どもから大人まで歯科矯正をしている方が多く見受けられます。マスク着用が根付いたので、この期間中にやってしまおう。そう考える方も多くいますが、本当に歯科矯正は必要なのでしょうか? 歯科矯正の必要性。そしてメリット・デメリットを公開しています。

歯科矯正って本当に必要?

歯科矯正といえば歯に特殊な装置をつけて、歯の根っこや骨を正しい位置に動かす治療方法です。
歯科矯正の概念は意外にも古く、紀元前500年ほどの書物に既に記されています。
当時は今の様な金属を使った治療方法では無く、指で押して正しい位置へ戻すといった原始的な方法でした。

そこから少しずつ形を変えていき、現在の治療方法が確立されたのは18世紀ごろのフランスでした。
それがアメリカ、日本と伝わっていき今に至ります。
歯科矯正といえばエッジワイズ法と呼ばれるものがポピュラーで、次にベッグ法が有名です。
前者はワイヤーとブラケットで歯を動かす昔ならではの方法ですが、強い力で動かすので治療期間が短いのが特徴です。
後者はほとんど同じですが、長い年月をかけて少しずつ動かす事で痛みが少なく治療期間中にあまり負担がかからないのがメリットです。

様々な改良を重ね、近年ではメジャーな治療となった矯正歯科ですが子どもの内にやるものと思っていませんか?確かに子どもの内は骨が柔らかく、且つ未発達なので正しい位置へ動かしやすいです。
しかし大人になってから歯科矯正をするのは悪い事ではありません。
但し既に骨や口腔内が発達しきっているので、子どもよりも治療期間が長くなってしまうのがネックです。

ちなみに国内で歯科矯正治療は保険適用外なので、時間だけでは無くある程度の費用も発生します。
やると決めたからには後悔しない様、しっかりとリサーチしていきましょう。

どんな種類があるの?

一昔前であれば歯科矯正といえば、ワイヤーの様なものとブラケットと呼ばれる装置で固定する方法がポピュラーでした。 今もこの方法は多くの方に親しまれていますが、それ以外の方法も複数あると知っていますか?歯科矯正の種類はもちろんの事、費用や期間もピックアップしています。

歯科矯正をする際の注意点とは?

実際に歯科矯正をする場合、どんなポイントに気をつけるべきでしょうか?歯科矯正をしたいと思っても出来ないケースもありますし、誤った知識を持っているとトラブルに発展するケースもあるでしょう。 正しい知識は時間や費用をコンパクトにする力があります。